目次

  1. 1 今コーヒーダイエットが大注目らしい!!
  2. 2 コーヒーダイエットって何!
  3. 3 コーヒーダイエットでやせる理由は?
  4. 4 コーヒーダイエットにはデメリットも!
  5. 5 飲むタイミング、量に気をつければ大丈夫!
  6. 6 コーヒーダイエットの効果を高めるコツは?
  7. 7 コーヒーダイエットにおすすめのコーヒーはこれだ!
  8. 8 アメリカで人気のバターコーヒーダイエットもおすすめ!?
  9. 9 コーヒーダイエットの方法を動画でチェック!
  10. 10 コーヒーダイエットで無理なく痩せよう!

今巷で話題の「コーヒーダイエット 」。

インターネットなどのメディアで聞いたことのある人も多いのではないでしょうか?

普段からコーヒーを飲む人は多いと思います。でも「コーヒー飲むだけで本当に効果があるの?」 と思う人もいるはず。

実はコーヒーにはダイエット効果のある成分 が多く含まれていました。

飲み方次第でその効果は最大限に発揮されます。

どのような効果があるのか、調査しました。

コーヒーダイエットとは、その名の通りコーヒーを飲んで痩せるダイエット方法です。

実はこのコーヒーダイエットの方法が「簡単で続けられやすい」 と話題になっています。

飲むコーヒーはブラックのホットコーヒーです。

普段砂糖やミルクを入れて飲んでいる人は、最初慣れなく厳しいかもしれません。

でもブラックで糖分が入っていない分、その効果は期待できるのです

効果を実感している人も多くいます。

しかし、ただコーヒーを飲めばいいという訳ではありません。

正しい量と時間帯を守ることで効果が発揮されます

どうしてコーヒーダイエットで痩せれるのか?

一緒に見ていきましょう。

手軽にすぐ始められて、その効果を感じる人も多い「コーヒーダイエット」。

なぜそれほど効果があるか、調査しました。

カフェインが血液の循環を促進

よくカフェインを摂ると「眠気を防ぐ効果が期待できる」という話を皆さんご存知かと思います。

実はカフェインは血管を膨らませ、血液の循環を促進してくれる効果 があるのです。

まずカフェインを摂取すると交換神経が刺激されます。

それによって血圧が上がり、血液の循環が良くなる のです。

「カフェインを摂取にして眠気を覚ます効果」は血液の循環からも効果が表れていますね。

 リパーゼが脂肪分解

先ほどお話ししたカフェインですが、実はカフェインの中にリパーゼという成分 が含まれています。

リパーゼとは脂肪の分解を促す酵素 のことをいいます。

このリパーゼが脂肪分解酵素の働きを良くする働きがあるのです。

リパーゼが血液中に入ると、太る原因になる中性脂肪が脂肪酸として変わり血液中に流れます

それによって脂肪の燃焼効果があるのです。

 クロロゲン酸が自律神経の働きを高める

クロロゲン酸とは、ポリフェノールのうちの一つ です。

カカオに含まれていることでも有名ですね。

このクロロゲン酸は自律神経の働きを高める効果があります。

自立神経がとれていない状態が続いてしまうと、疲れがなかなか取れなかったり、体に不調が表れてしまうということを経験した人もいるはず。

そこでクロロゲン酸は自立神経の働きを高め体調も整えてくれる のです。

自律神経を整えることによって脂肪の蓄積を抑える効果もあります。

これによりダイエット効果が生まれる のです。

コーヒーダイエットは、コーヒー一杯で嬉しい効果が期待できるものの、

実はデメリットが大きく3つあります。

まず一つ目は、飲みすぎると「糖尿病の発症リスク」があることです。

先ほども書いた通り、コーヒーにはカフェインが含まれています。

でもこれは飲みすぎると糖尿病などの発症リスクが上がって しまいます。

二つ目は「ダイエット効果が出ないこともある」ということです。

いくらダイエット効果があっても、消費カロリーよりもコーヒーの摂取カロリーが上回ってしまったら効果は出ません

三つ目は「眠れなくなるリスク」があります。

カフェインが眠気を覚ますというのは有名な話です。

でも飲みすぎると眠れなくなってしまう 可能性が十分あります。

コーヒーは飲みすぎると逆効果になりかねません。

しかし飲むタイミングや量に気を付ければ大丈夫 ですので安心してください。

気を付けるポイントとしては2つあります。

まず一つ目は「一日の摂取量は4杯」 までにしましょう。

コーヒーに含まれているカフェインの摂取量は上限400mg となっています。

コーヒー自体の量にもよりますが、一杯のコーヒーはカフェインが100mg。

よって一日4杯が限度ということになります。

そして二つ目は飲むタイミング が大切です。

後程詳しくお話ししますが、運動や入浴の30分前に飲むとより高い効果が出やすくなります。

これまでコーヒーダイエットの効果をお話ししてきました。

更に効果を高めるには、どのような飲み方をしたらいいのでしょうか?

運動・入浴前に飲む

基本的には運動の30分前 に飲みましょう。

普段運動をしないという人は入浴前 でも大丈夫です。

大切なのは新陳代謝を上げる前に飲むこと

それによりコーヒーによる脂肪燃焼効果が更に高まります。

普段の生活から意識して、取り入れてみましょう。

 ホットで飲む

コーヒーダイエットを行う時はホットで飲むようにしましょう。

アイスコーヒーの場合、新陳代謝を下げてしまい、脂肪燃焼効果が薄れてしまいます。

ホットで飲めば新陳代謝が上がるので、より高い効果が期待 できるのです。

そしてホットでも温度が大切です。

できれば沸騰した100度のお湯ではなく、80度程度のお湯 でコーヒーを入れましょう。

クロロゲン酸は熱に弱く沸騰したお湯だと効果が薄れる可能性があります。

 ブラックで飲む

コーヒーダイエットの際は、コーヒーはブラック を飲みましょう。

コーヒーダイエットの効果がより高まります。

それにミルクや砂糖を入れてしまうと、カロリーが高くなり

逆効果の可能性が高くなってしまいます。

苦いと感じて飲むのをためらってしまう場合は、カロリーオフのシュガーなど、

カロリーの低い糖を少量入れると良いです。

インスタントよりもドリップ

コーヒーダイエットにはインスタントコーヒーよりも

ドリップコーヒーを飲みましょう。

なぜかというと、ドリップコーヒーの方がクロロゲン酸やカフェインが多く、効果が高い からです。

ドリップコーヒーの場合も、先ほどお話ししたように

80度程度のお湯でコーヒーを入れると効果が高まります。

コーヒーダイエットをするにも、コーヒーの種類もたくさんあり、

どれを飲んでいいのか分からないですよね。

どのコーヒーが効果が高いのか、調査しました。

メタ・コーヒー

メタ・コーヒーは株式会社ファインが販売しているコーヒーです。

ブラジルから直輸入しています。

何よりも魅力的なのは、クロロゲン酸が100mg 含まれているということ。

他にもオリゴ糖やL-カルニチンが含まれています。

これは高い効果が期待できますね。

内容量は66gで1300円となっています。

 クロロゲン酸コーヒー

こちらのクロロゲン酸コーヒーは、なんとクロロゲン酸が408mgも配合 されています。

その秘密は、コーヒーの生豆から抽出したクロロゲン酸が300mg配合されていることと、焙煎後のコーヒー豆からもクロロゲン酸108gが配合されているのです。

クロロゲン酸は他のコーヒーと比べても1.5倍もの量が含まれている ので、脂肪燃焼の効果が期待できます。

気になる値段は20本(50g/本)で1,200円です。

 エレガントライフコーヒー

エレガントライフコーヒーの特徴は、なんとコーヒーなのに食物繊維とコラーゲンが補える ということです。

その食物繊維の量は、なんとバナナ6本分。

食物繊維が豊富で腸が活発になる上に、潤いも実感できるなんてとても嬉しい効果ですよね。

もちろんクロロゲン酸も含まれているので、ダイエット効果がとても高いコーヒー です。

気になる値段は30袋入りで3,240円。1杯74円なのでかなりオトクです。

バターコーヒーダイエットと名前だけ聞くと、逆に太りそうなイメージですが、実は「効果がある」とアメリカでは人気のコーヒーダイエット なのです。

まず、バターコーヒーダイエットは中性脂肪を減らす効果 があります。

ここで大切なのは「無塩バター」であることです。

無塩バターは主に不飽和脂肪酸 というものが含まれています。

主に植物性の油、魚に多く含まれるんですね。

あとは血糖値が上がりにくい のも特徴の一つ。

バターは小麦粉やお米と違って炭水化物を含みません。

そのためダイエットに効果的なのです。

こちらの動画では、コーヒーダイエットで痩せれる理由が、詳しく説明されています。

ダイエットだけでなく、コーヒーにはリラックス効果があるなど、

毎日続けることで嬉しい効果があること がお話しされています。

これまでコーヒーダイエットの方法や、効果のある飲み方についてお話ししましたが、いかがでしたでしょうか?

毎日決まった量とタイミングを守って飲むことで、ダイエットの効果が高まります

ぜひ試してみてください。


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。