目次

  1. 1 ダイエットの運動前にカルニチンがいいらしい!?
  2. 2 カルニチンって何?
  3. 3 カルニチンに関する口コミはこちら!
  4. 4 【ダイエット運動前カルニチンの効果1】疲労軽減
  5. 5 【ダイエット運動前カルニチンの期待効果2】脂肪燃焼
  6. 6 カルニチンと相性のいい運動法をご紹介!
  7. 7 運動前に食べたいカルニチン入りの食品は?
  8. 8 「ラム肉は高そうだし、味が好きじゃない」という人へ!
  9. 9 ダイエット運動前におすすめなカルニチンサプリ!
  10. 10 運動にはカルニチン!ダイエットを効率的に進めよう!

ダイエットで運動を頑張っているのになかなか体重が落ちないこと、ありますよね。

実はカルニチン という栄養素を運動前にとると、ダイエット効果がぐんと高まるんです!

今回はこのカルニチンについて、詳しくご紹介していきます。

カルニチンとは、体内の脂肪を燃焼してエネルギーに変える働き のある特殊なアミノ酸の一種です。

脂肪の燃焼は、私たちの体内にある60億個もの細胞内の、ミトコンドリアという粒子の中で行われます。

しかし脂肪は、自ら単独でミトコンドリアの中に入ることはできません。

このときにカルニチンが、脂肪をミトコンドリアに運ぶ重要な働きをします。

この役割は、カルニチンにしかできなと言われているんです。

つまりカルニチンは体内の脂肪燃焼に必要不可欠の栄養素であり、不足するとエネルギーに変えられずに余った脂肪がたくさんついた、太りやすい体となってしまいます。

カルニチンに関する口コミを見てみましょう。

カルニチンダイエットをはじめて1カ月が過ぎました。食事制限一切なし 週5日40分のウォーキングで現在1.4㎏減です。

https://sportsclub.nifty.com/ft_diet/0407120011/kuchikomi/

運動する30分前に服用。身体がほかほかして、かなり汗をかきます。

http://www.diet-cafe.jp/2009/07/dhc-5.html

汗の量がすごいです。脂肪もえてるーって気になります。 食事制限一切なしで、甘いものも普通に食べています。 で、1ヶ月でマイナス4キロは、大満足です。

http://www.diet-cafe.jp/2009/07/dhc-5.html

痩せ以外の方面で効果をはっきり感じます。例えば夜も目が冴えて眠れなかったのですが、飲み始めてからよく眠れるようになりました。

http://www.diet-cafe.jp/2009/07/dhc-5.html

ダイエットは運動と食事制限が基本だとよく耳にしますが、このカルニチンを使うと、食事制限なしでも痩せたと口コミする方が多いです。

食事制限がストレスになる方には、おすすめのダイエットですね。

運動前に飲む事で、汗が出やすく脂肪燃焼の効果を感じる という口コミも多いです。

運動しながらダイエット効果を実感でき、やる気アップにもつながりますね!

ダイエット運動前のカルニチンの期待効果に、疲労軽減 があります。

運動前にカルニチンを摂取することで、運動による筋肉のダメージが大幅に軽減 されます。

オランダの実験では、慢性疲労症候群の患者に1日2回、2gのカルニチンを投与すると、ほとんどの患者に良い変化が現れました。

身体疲労、精神疲労、睡眠障害、運動疲労などの疲労症候群に改善が見られたという実験結果が出たんです。

この疲労回復の詳しいメカニズムは、残念ながらまだ解明されていません。

運動前にカルニチンを摂取することで心身の疲労を軽減できれば、ダイエットの運動にも前向きに取り組めるようになりますね!

ダイエット運動前のカルニチン摂取の期待効果に、脂肪燃焼 があります。

脂肪として蓄えられているエネルギーは、分解されなければ、そのま無駄な脂肪として体に溜まっていきます。

スムーズな脂肪の分解ににカルニチンが必要なんです。

カルニチンが多ければ多いほど、スムーズにエネルギー変換 ができるようになるんです。

運動前にカルニチンを摂ることで、通常よりも脂肪燃焼効果は格段に高まり、ダイエットに良い効果をもたらします。

カルニチンを摂取して、酸素を取り込む有酸素運動 をすると、体脂肪がよく燃えます。

ではどんな運動がカルニチンと相性が良いのでしょう。

(1)ジョギング

カルニチンと相性のいい運動法に、ジョギング があります。

まず運動前にカルニチンを摂取します。

体内で使われるエネルギー源は、ブドウ糖→脂肪という順番です。

運動を始めて最初の20分ほどは、ブドウ糖が消費されています。

つまり、脂肪燃焼が始まるのは、運動を始めてから20分以降 なんです。

カルニチンの脂肪燃焼効果をより高めるには、20分以上ジョギングを続ける ことが大切です。

カルニチンを有効に活用するためには、酸素をたくさん取り込むことが大切です。

そのため、ジョギング中の呼吸法は、2回吸って2回吐く呼吸法がおすすめです。

(2)ヨガ

続いてヨガ です。

ヨガは女性に人気の有酸素運動で、深い腹式呼吸をするため、たくさんの酸素を体内に取り込むことができ 、カルニチンの脂肪燃焼効果をさらに高めます。

また、ヨガはインナーマッスルやアウターマッスルをバランスよく鍛え、メリハリのある女性らしいラインを手に入れることも期待できます。

カルニチンの効果を高めるため、腹式呼吸を特に意識しながら行うようにしましょう。

 (3)ウォーキング

カルニチンと相性の良い運動に、ウォーキング があります。

運動前にカルニチンを摂取してからスタートします。

姿勢を正しくして背筋を伸ばし、かかとで着地し、つま先で蹴り上げるように、リズムよく歩いていくのがコツです。

適度なスピードを保ちつつ、しっかり酸素を取り込み20分以上は続けて カルニチンの脂肪燃焼効果をアップさせましょう。

ダイエット効果を高めるために、運動前に食べたいカルニチン入りの食品は何があるのでしょうか?

カルニチンを多く含む食品として、ラム肉 があります。

同じ羊肉にマトンもありますが、1年未満の仔羊のラム肉の方がクセもなく食べやすいと人気です。

ラムチョップやジンギスカンなど、美味しく食べれるレシピも数多くありますね。

ラム肉にはカルニチンだけではなく、鉄分、たんぱく質、ビタミンB1、B2、必須アミノ酸、不飽和脂肪酸、亜鉛というような、ダイエット、美容、そして健康に良い栄養がたっぷりと含まれています

普段からぜひ、献立に取り入れたい食品ですね。

カルニチンが豊富で美味しいラム肉ですが、中には「味が好きじゃない」と言う方や、「ラム肉って高そう」と言う方もいるかもしれませんね。

そのようなラム肉を嫌煙する方には、サプリメント でのカルニチン摂取がおすすめです。

運動前に飲むだけで脂肪燃焼効果を高めるという話題の成分なので、カルニチンのサプリメントはたくさん販売されています。

それだけ注目されている話題の成分です。

ダイエット運動前に、おすすめのカルニチンサプリをいくつかご紹介します。

(1)カプサイシン&カルニチン

カルニチンを350mg配合した、ダイエットサポートサプリメントです。

カルニチンは脂肪燃焼効果があり、蓄積された脂肪を燃やしてエネルギーに変えます。

さらにこの商品には、トウガラシに含まれる辛味成分のカプサイシン も配合されています。

カプサイシンは、血流を促進して体を温める作用が有名ですね。

高い発汗作用もあり、デトックス効果も期待でき、美しく痩せるようダイエットをサポートしてくれます。

このカプサイシン&カルニチンは、冷え性対策サプリでお馴染みのヒハツエキスも配合されています。

普段から冷えに悩む女性で、ダイエットをしたいという方 におすすめです。

(2)ダイエッツ ビービー

カルニチン300mgをはじめとする、7つのサポート成分を配合し、年齢に負けないアクティブな体作りを応援するサプリメントです。

7つのサポート成分とはダイエットに良いとされるカルニチン、カプサイシン、バナバ葉エキス、ビタミンB群、セサミン、カフェイン、ハスの葉エキスです。

年齢と共に、私たちのカラダはだんだんダイエットしづらくなってきます。

若い頃にくらべて太りやすくなった、体型がかわってしまったという方 に特におすすめのサプリメントです。

(3)カルニチンクィーン

カルニチン550mgをはじめ、フォースリーン、共役リノール酸、フコキサンチンなど、ダイエット注目成分をバランスよく配合しています。

運動サポート成分を配合しているので、運動だけではなく、毎日のちょっとした動きからダイエット効果を高めます。

運動によるダイエット効果を、サプリメントでより高めたいという方 におすすめのサプリです。

(4)おすすめ燃焼系サプリ コレスリム

「燃やすだけでは終わらない!」というフレーズが印象的なこちらのサプリ。

カルニチンだけでなく、164種の酵素、ギムネマシルベスタ、グリーンコーヒー豆などダイエット・脂肪燃焼に嬉しい成分が盛り沢山 なんです。

まさに、最強の燃焼系サプリです。

運動をするときは、ぜひカルニチンをお供に しましょう。

脂肪燃焼効果を高めてくれるので、効率的なダイエットを進めることができます。

ぜひ参考してみてください!


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。