目次

  1. 1 ビール酵母がダイエットに効果があるってホント?!
  2. 2 そもそもビール酵母ってなに?
  3. 3 ビール酵母で痩せるワケ【ビタミンB群の脂肪燃焼効果】
  4. 4 ビール酵母で痩せるワケ【食物繊維で満腹感】
  5. 5 ビール酵母で痩せるワケ【カロリーはほとんどゼロ】
  6. 6 ビール酵母で痩せるワケ【豊富なアミノ酸で筋肉向上】
  7. 7 ビール酵母で痩せるワケ【ミネラル類がむくみを防止】
  8. 8 ダイエットしてなくても嬉しいビール酵母の効果!
  9. 9 ビール酵母はヨーグルトに混ぜると◎!
  10. 10 ビール酵母のデメリット
  11. 11 ビール酵母ダイエットで健康的に痩せちゃおう!

数々の酵素ダイエットや酵母ダイエットがある中、最近は「ビール酵母ダイエット」 なんていうものまで、現れてきたようです。

「ビール酵母って何が違うの?」

「ビールと関係あるんだろうけど……?」

どんどん湧いてくる皆さんの疑問にお答えすべく、早速リサーチしてきました!

さぁ、一緒にビール酵母ダイエットの正体を確かめましょう!

ビール酵母とは、名前の通りビールの製造中に使われた酵母の事です。

ビールが大好きな方でもないと、なかなかピンとこない名前かも知れませんね。

ビール酵母は、ビールの製造過程の中で大麦の栄養 を吸収して増殖し、発酵を終えてビールが完成すると樽の下のほうに沈殿していきます。

これまでは一部の医薬部外品や家畜の飼料として使われてきましたが、近年の研究の中でダイエット にも効果を発揮することが分かってきました。

では、ビール酵母でどうして痩せるのか、詳しい理由と効果をチェックしましょう。

まず、ビール酵母にはビタミンB群 が豊かに含まれます。

それがどのようにダイエットに有効なのか、ご説明しましょう。

1)ビタミンB2は【脂質代謝ビタミン】

ビール酵母に含まれるビタミンB群の中でも、特にビタミンB2はダイエットに効果的です。

体内に取り込まれた脂質を蓄積せず、ガンガン燃焼 させるために必要不可欠な栄養素なのです。

さらにまたの名を発育のビタミン とも言われ、その他にも健康的な肌や爪をつくる、生活習慣病を予防する、疲れ目・涙目を改善するなど、美容・健康 面でも欠かせません。

健康的にダイエットするうえで、特に意識して摂取したい栄養素なのです。

2)ビタミンB群をバランス良く

勿論、ビタミンB2さえ摂っていれば良いというものではありません。

それでは栄養が偏り、ビタミンB2の本領も発揮されなくなってしまいます。

ビタミンB2の効果をあますところなく活かすためには、他のビタミンB群 も充分に摂取する必要があります。

その点において、ビール酵母はビタミンB2以外にも潤沢 なビタミンB群を含んでいますから、バランスよくビタミンB群の摂取をすることが出来るのです。

他の食品でバランスよく摂ろうとすると、うまくいかないものです。

3)ビタミンB2が、もし不足してしまうと……。

もしビタミンB2やビタミンB群が不足してしまうと、脂質の代謝が滞り髪質のトラブルや肌荒れ なども起こしやすくなってしまいます。

成長期のお子様の場合は、成長が阻害されてしまう可能性もあるでしょう。

こうした状況のままでダイエットを続けても、仮に痩せられたとしても「ゲッソリ……」 というイメージになってしまいます。

ビール酵母には食物繊維もたっぷり含まれています。

食物繊維も、健康的にダイエットする上で必要不可欠な栄養ですね。

1)グルカン・マンナンパワー

ビール酵母の食物繊維の中には、グルカンとマンナンという不溶性 の食物繊維が含まれています。

これらは一般的な食物繊維と少し異なり、水を吸収すると大きく膨らむ 性質を持ち合わせています。

お腹の中で膨らむので満腹感を得られやすく、暴飲暴食を防ぐ効果が期待できます。

また、食前 に摂取することでカロリーコントロールもしやすくなるでしょう。

チアシードダイエットでは相性が合わなかった方でも、似た効果を得ることが出来るのです。

2)便秘も解消できる

ビール酵母の30%近くは、食物繊維で出来ています。

ビール酵母が持つ、丈夫な細胞壁の多くが食物繊維で出来ているためです。

食物繊維は腸内環境を整えてくれますから、今までのガンコな便秘 も解消でき、毎日のお通じが改善されていくのです。

食物繊維の恩恵を豊かに受けることが出来ますから、体内に老廃物や有害なものが溜まりにくくなり、日々スッキリ としたダイエット生活を送ることが出来るようになります。

 3)もし、食物繊維が不足してしまうと…。

食物繊維は野菜類にも含まれますが、生野菜はかさばり、調理すると摂取カロリーが増えたり水溶性の栄養が流れ出して失われてしまったりと、なかなか豊かに摂るのは大変 です。

食物繊維が不足したダイエットは、摂りすぎた栄養や、蓄積してしまうと有害な添加物が体内に残ったままとなり、胃腸の不調 を招いてガンコな便秘を招くもととなってしまいます。

ビール酵母は、この他にも核酸やこの後ご紹介するアミノ酸、ミネラルといった栄養を豊かに含んでいるのですが、驚くべきことにカロリーは殆どゼロ なのです。

カロリーゼロだから、日々の食事にプラスしてもカロリーが増える心配をする必要が無く、気軽に取り入れることが出来るのです。

他の食品では、これほど豊かな栄養群を持ち合わせながら、カロリーゼロという物はなかなか無いでしょう。

ビール酵母がダイエットに向いているというのは、カロリー面でも言える事なのです。

ビール酵母には、筋肉を作るもととなるアミノ酸もたくさん含まれています。

アミノ酸はどのようにダイエットに有効でしょうか?

1)アミノ酸はタンパク質の材料

アミノ酸は、たんぱく質を生成する材料になります。

たんぱく質は、プロテインなどのように脂肪を燃焼させて筋肉 を作るもととなります。

適度に筋肉がついた体は脂肪がつきにくく、痩せやすい体質になっていきます。

太りにくく痩せやすい体質 は、ダイエットにおいて理想的な体質ですよね。

また、ビール酵母のアミノ酸の中には毎日欠かさずに摂取しなければならない「必須アミノ酸」も9種類 含まれています。

健康的なダイエットには、嬉しいポイントです。

2)筋肉をつくって基礎代謝アップ

アミノ酸からたんぱく質が出来、たんぱく質が脂肪を燃焼して筋肉を作っていくと、自然に基礎代謝もアップ していきます。

基礎代謝が増えれば、それだけ脂肪がどんどん燃焼されてエネルギーになり、体内に蓄積しにくくなるという事です。

そうして太りにくく痩せやすい体質へと、体がどんどん作り替えられていくのです。

またアミノ酸の中には、それ自体が脂肪の吸収を抑え、燃焼を助ける働きを持っているものもあります。

3)リパーゼにも脂肪燃焼効果が!

ビール酵母に含まれる「リパーゼ」 というアミノ酸が、まさに脂肪燃焼効果のあるアミノ酸なのです。

リパーゼは脂肪を自ら分解し、血中へと流します。

この時に運動 をしていると脂肪は筋肉へ運ばれ、エネルギーとして消費されていきます。

ビール酵母と運動を組み合わせてダイエットをすることで、体脂肪を効率よく燃やすことが出来るのです。

ビール酵母にはまた、ミネラル分も豊富 に含まれています。

その数は、およそ十数種類にも及びます。

ミネラル分は体の中に入るとむくみを解消してくれる働きを持っていますから、むくみがちな体質の方やダイエット中の方の強い味方です。

特に、ビール酵母の中に多く含まれているミネラル分は「カリウム」 です。

カリウムは、体内に余計に取り入れられたナトリウムを排出する働きを持っていますから、血中の塩分濃度を抑え、血流を改善 しむくみを解消してくれるのです。

ミネラルは人の体内では殆ど作られることの無い栄養素ですから、意識して補わないとならないものです。

ビール酵母が持つ数々の栄養は、ダイエットをしていない人にも嬉しい様々な効果を発揮してくれます。

1)疲労回復

ビタミンB群が豊かに含まれているため、脂肪を効率よくエネルギーに変えて燃焼させることが出来、疲労回復に役立ちます。

疲労回復にはウナギ が良いと昔から言われてきましたが、それはウナギにビタミンB群が豊富に含まれているからです。

ウナギは高価でなかなかいつでも食べる事は難しい食品ですが、ビール酵母ならその悩みも解決 します。

 2)老化防止

ビール酵母には、DNAとRNA と呼ばれる核酸も含まれています。

DNAは主に細胞の核の中にいて遺伝子本体として存在しており、RNAはDNAのデータをもとにたんぱく質を合成する働きを持っています。

これらの核酸を摂取することで細胞の生成や修繕が改善され、新陳代謝 が良くなり、老化の防止につながるのです。

 3)生活習慣病の予防・改善

ビール酵母はさらに、生活習慣病を予防・改善する効果も持っています。

グルタチオンペルオキシダーゼという酵素と共に働き、生活習慣病を誘発することにつながる過酸化脂質の分解を促す 効果があるのです。

ハードなスケジュールや忙しい家事で生活習慣が乱れがちな現代人にとって、ビール酵母は心強いサポーターです。

4) 疲れ目の改善

日夜スマートフォンやパソコンを使う私たち現代人は、日々目の疲れ やそれから来る肩こり、ドライアイなどに悩まされることが少なくありません。

ですがビタミンB2は体内の粘膜や皮膚を保護・再生する働きがあり、特に目の角膜 に効果を発揮します。

5) 免疫力強化

ビタミンB群は、免疫力を高める力も秘めています。

ビール酵母には主に、ビタミンB1、B2、B6、B12、パントテン酸、葉酸などが含まれています。

これらが、効率よくエネルギーを作り出してくれることで、病気への免疫や抵抗力も高める ことが出来るのです。

ビール酵母は、粉末状になったサプリメントをヨーグルトに混ぜて食べる のがおススメです。

そうすることでヨーグルトに豊かに含まれる乳酸菌を酵母の力で増やし 、より一層便秘やお通じの改善を図ることが出来るためです。

1日1食、または2食を自由にビール酵母入りヨーグルトに置き換えてみましょう。

夜のほうがエネルギー消費量が減ってしまいますから、可能なら夕食 を置き換えるのがベストでしょう。

または、間食の代わりに食べるのも良い方法です。

そうすることで、食事中の摂取カロリーを抑える事が出来るようになります。

ただ、ビール酵母が苦手だという人も、多少いるかもしれませんね。

ビール酵母にはこんな特徴があります。

1)風味が独特

ビール酵母は、独特の風味がします。

それは大麦の栄養を吸収し発酵した結果なのですが、これが苦手で敬遠している方もいるでしょう。

そのような場合は、ヨーグルトに少量のお好きなジャム を加えてみたり、ハチミツ を加えてみたりすると緩和することが出来ます。

匂いや味が原因で、ビール酵母を活用できないのはもったいない限りです。

2)アレルギー症状が出る人もいる

ビール酵母でアレルギーを起こしてしまう場合について、特に注意が必要なものに、「ヒスチジン」 というアミノ酸が挙げられます。

これは必要なアミノ酸ではあるのですが、人によっては呼吸に何らかの症状が出たり、じんましんを発症したりしてしまうそうです。

ビール酵母を摂り始めて体に異常を感じたら、すぐに中止して医師に相談 して下さい。

3)プリン体が多い

ビール酵母には核酸が含まれるため、同時にプリン体も多く含まれています。

これまでに健康診断などで尿酸値が高い と指摘されたことのある方は、注意が必要です。

尿酸値が高い人がプリン体を多く摂ってしまう事で、痛風 になるリスクが増えるためです。

既に痛風を発症している方やご家族に発症した方がいる場合は、1度主治医に相談 しましょう。

スーパーフード顔負け の、様々なダイエット効果や美容・健康の効果を持つビール酵母

是非あなたも、ダイエット生活に取り入れて健康的なダイエットを始めましょう!


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。