目次

  1. 1 実はダイエット中でもビールは飲めるんです!その秘密を公開!
  2. 2 ビールが飲めるならダイエットしてもいい!!ビール好きはたくさん♡
  3. 3 衝撃の事実!ビールそのものは太る原因ではない!
  4. 4 ハーバード大学が発表:適度な飲酒は禁酒より痩せる?!
  5. 5 元々ビールは栄養価の高い飲み物だった!
  6. 6 ビールにはメリットがたくさん!
  7. 7 ビールで痩せる?!ビールダイエットの方法!
  8. 8 ビールダイエットで痩せるコツ!
  9. 9 ビールダイエットでの注意点!
  10. 10 大好きなビールで美味しく楽しくダイエットしましょう♡

ダイエット中にお酒は厳禁!

それは分かっているけど、やっぱりビールはガマンできない~!でもダイエットしたい~!

というそんなアナタに朗報です。

実はダイエット中にビールを飲んでも良いんだとか!

今回は、本当にダイエット中でもビールを飲んでいいのか?その秘密を詳しく検証していきたいと思います。

ダイエット中でもビールはやめられない~!そんなビール好きはあなただけじゃないんです。

お酒が大好きなんですが お酒をやめずに 成功するダイエット法ないですか? ビールを毎日500mlを6本は確実に飲んでしまいます・・・

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1120088236

ダイエットを決意しました。 でも、ビールが好きで毎日350mlを4本ほど飲んでます。 これだけはどうしてもやめられません。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7990849.html

ビール大好きです。ダイエットしてても、コレだけは外せないですね

http://www.mamegra.com/pgm/DIET/BBS/1001/

ダイエット中もビールがやめられない!ビールだけは外せない!と思っている人は多い ようですね。

ライターの私だってそうです…。いくら痩せたいと思っていてもビールはやめられませんよね!?

ダイエット中の多くの人が「ビールは太る」と思い込んでやめなくちゃいけない、でも大好きだからやめられない~!と葛藤していましたね。

でも、実はビールそのものが太る原因ではないんです!

ビールは350mlでおよそ140kcalほどのカロリーがありますが、実はアルコールのカロリーは体温の上昇などによって消費されやすく、体に溜まりにくいカロリー なのです。

ですから、ビールそのものを飲んだからといって太るということはなく、ビールを飲むと太るという人は一緒に食べる脂っこいおつまみなどのカロリーが蓄積されたせい だと思っていいでしょう。

ビールそのものが太る原因ではない、ということは分かっていただけたでしょうか?

実はそれだけではありません。

お酒は太る原因どころか、実は適度な飲酒は禁酒するよりも痩せる というデータがあるんです。

2011年に発表されたハーバード大学の研究によれば、適度な飲酒を行う人は禁酒しているよりも痩せる傾向にあり、お酒の成分であるエタノールがインスリンの働きを良くし脂肪を増やさないようにするのだそう。

お酒が大好きだけどダイエット中には禁酒しなくちゃいけない、と思っていた人には朗報 ですね!

お酒を飲めないストレスがないのでダイエットも長続きしそう です。

今ではお酒としての嗜好品であるビールも、もともとはパンでした。

実は大麦のパンを水でふやかしたものを発酵させたものがビールの起源なんです。

古代では栄養価の高い飲み物として重宝され、労働者の栄養補給や水分補給に一役買っていました。

そのころの作り方とは多少製法は変化したものの、栄養価が高いことには変わりなくビタミンB群やフィストロゲン、ポリフェノールなどの体に良い成分が多い のです。

そんな栄養豊富なビールですが、飲むとどんなメリットがあるのでしょうか?

1)ビールの香りにはリラックス効果が

ビールの香りには、リラックス効果が期待できます。

ビールをの香りを嗅いだときの脳波を測定したところ、リラックスしたときに出るアルファー波が出ていることが確認されました。

ホップの香りが際立つものほど、リラックス効果が高い ことが分かっているので、少し疲れたな…という時にはホップの香りが前面に押し出されているものを選びたいですね。

2)美容効果

ビールの原料であるホップにはフィストロゲンという大豆イソフラボンに似た働きをする成分が含まれています。

女性ホルモンと同じような効果を発揮するため、ホルモンバランスの乱れが原因の肌荒れや冷え性 などにも効果が期待できます。

またホップにはポリフェノール もたっぷり!抗酸化作用 が体の酸化を防ぎ老化を防止 しますし、麦芽に含まれるビタミン群はお肌をキレイに保ってくれます。

3)便秘解消効果も

アロマ効果、美容効果に続き、最後は便秘の解消効果です。

お酒を飲むとお腹がゆるくなったり、便通が増えたりすることってないですか?

実はビールに含まれるアルコールは全身の血行を促進しますから、腸の血行も良くなります。

すると、スムーズな排便するために必要な腸の蠕動(ぜんどう)運動を活発化 してくれるんですよ。

ビールの炭酸も腸を刺激してくれるので、日本酒やウイスキーなどよりも便秘の解消効果が期待できるといっていいでしょう。

便秘が解消されれば、体に毒素が溜まりづらくなるため、お肌の調子も上向き ますよね。

飲むだけでメリットいっぱいのビールですが、実はビールで痩せられる んです!その方法とは?

1)朝食はしっかり食べよう!

朝食をしっかり食べることで、その日の間食の量を減らすことができます。

また朝の食事は体のエンジンをかけ、代謝を上げることに役立ちます。

2)昼食は少なめで

昼食は適度に食べましょう!なるべく食べ過ぎないように気をつけ、また栄養バランスにも気を配りましょう。

どうしても不足がちなビタミンやカルシウム、鉄を意識してとれると良いですね。

夕食までの間に小腹が減ってしまったら、栄養豊富なナッツや小魚、チーズなどを食べましょう! これらは血糖値の上昇も緩やかでダイエットに向いていますよ。

3)夕飯時にビールを飲みましょう!!

夕食時には多くてもロング缶2本、中ジョッキなら2杯程度までを目安にビールを美味しく飲みましょう!

お酒に弱い人は目安量よりも減らし、体調が悪いときには無理をしない ようにしてくださいね。

また、これから紹介するコツもあわせて実践しながらビールを飲みましょう!

ビールをガマンしないで痩せることができるなんて夢のようですよね!ちょっとしたコツでもっと痩せる効果がアップ しますよ。

1)おつまみは和食メニューで

洋食メニューのおつまみはどうしてもカロリーが高いものが多いです。

カロリーだけでなくダイエットの大敵の脂質・糖質が多いため、選ぶなら和食メニューのおつまみ にしましょう。

枝豆、冷奴、湯豆腐、お漬物、もろきゅう、たこわさ、冷やしトマト、焼き魚などのあっさりしたメニューがオススメ です。

2)ビールの飲み方にも一工夫

まずビールを1杯飲んでから、ビールと同量程度のお水を飲みます。

すると炭酸でお腹が膨れるので食べすぎを防止することができますし、アルコールによる脱水も緩和します。

その後、おつまみを食べたり、もう1杯のビールを飲めば飲みすぎ・食べすぎることなく満足 できますよ。

3)糖質OFFビールも活用しよう

ビールの糖質はさほど多くないものの、ダイエット中にはなるべく糖質はとりたくないものですよね。

そんな時にオススメなのが糖質カットや糖質OFFのビール です。

これらは糖質をカットしているためカロリーも低いですから、無駄なカロリーを摂取したくない! という人にオススメできます。

ビールダイエットのコツは分かりましたか?次はビールダイエットを行う際での注意点です!

1)水分補給はしっかりと

アルコールを飲むことで、体は脱水状態に陥りやすくなります。

あまりピンとこないかもしれませんが、飲酒後のトイレの回数や量を考えてみてください。

脱水状態にならないために、積極的に水分をとりましょう! 飲んでいる最中や、飲み終わってから就寝するまで、また起床後にもきちんと水分をとりましょうね。

2)休肝日をつくろう

毎日の飲酒は肝臓に多大な負荷をかけてしまうため、週に1~2回程度 は必ず休肝日を設けましょう。

毎日お酒を飲んでいると胃や消化器の粘膜が荒れてしまうので、その修復のために休肝日が必要なのです。

ダイエットを成功させ、体の健康を維持するためにも休肝日は必要です。

3)発泡酒ではダメ?

ビールではなく発泡酒を愛飲している人もいますよね!発泡酒ではダメなんでしょうか。

実は、発泡酒も栄養価が高く、ビールに引けを取りません。

ただし、ホップの使用量が少ないためビールほどの美容効果は感じられない恐れがあります。

とはいえ、ご紹介した飲み方を行えば、夜の摂取カロリーは抑えられますし、ダイエット目的で飲むのならばさほど問題ない とも言えます。

つらい禁酒をしなくていいビールダイエット

これまで禁酒がネックでダイエットできなかった人も、このビールダイエットなら大丈夫!

ビールを飲みながら美味しく楽しくダイエットしちゃいましょう!


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。