目次

  1. 1 バナナダイエットが気になる!!効果や方法は?
  2. 2 バナナダイエットとは?カロリーはどれくらいなの?
  3. 3 ダイエットにいい!?バナナに含まれる栄養素とは?
  4. 4 バナナダイエットのやり方とは?
  5. 5 バナナダイエットの効果とは?
  6. 6 バナナの色にも効果の違いが!?ダイエットにいいのはどっち?
  7. 7 バナナチップはバナナよりも栄養素アップ!食べやすくてダイエット中のおやつにおすすめ!
  8. 8 バナナダイエットの体験談を動画でチェック!
  9. 9 バナナダイエットで簡単に痩せちゃおう!

テレビ番組で紹介され大ブームになったバナナダイエット。

誰もが一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

ただひたすらバナナを食べていればダイエットになるわけではありません。

バナナの栄養をうまく取り入れた、正しいダイエット法を教えます!

バナナダイエットとはテレビ番組で紹介された途端、大反響のあったダイエット法です。

芸能人がバナナダイエットにチャレンジしてダイエットに成功したり、話題になりましたね。

方法も簡単で1日の中の1食をバナナに置き換えるダイエットです。

それ以外に食事制限がないため、ストレスなく続けられますね。

バナナは濃厚な甘みがあって、もっちりとした食感です。

いかにもカロリーが高そうですよね。

でもバナナは100gで86kcal

サイズにもよりますが、大体1本あたり70~120kcal になります。

思っているより意外と低カロリーなんですよ。

バナナにはおどろくほど栄養がつまっています。

ダイエットにも良い成分がたっぷりです。

主な成分を紹介します!

カリウム

バナナには、カリウム というミネラルが多く含まれています。

カリウムにはむくみの解消作用や、脂肪を分解する効果 があります。

他にもナトリウムを排出する効果があり、高血圧の予防にもなります。

不足すると体がだるくなったり、筋肉が痙攣したりします。

バナナはカリウムの含有量がフルーツの中ではトップクラスなんです。

ヒスチジン

ヒスチジン食欲を抑制する効果 があるといわれています。

ダイエットしたい方におすすめの成分です。

ヒスチジンは体内で交感神経を刺激するヒスタミンになります。

交感神経を刺激することで、脂肪燃焼を促進する効果 が期待できます。

また、血管が拡張されるので、関節の痛みやストレスにも有効です。

バナナなら手軽にヒスチジンを摂取することができますね。

トリプトファン

トリプトファン は、体内で合成できない必須アミノ酸のひとつです。

トリプトファンは「幸せホルモン」といわれるセロトニンの材料になります。

セロトニンは精神を安定 させたり、リラックスさせたりする効果 があります。

不足するとイライラしたり、やる気がでなかったり、睡眠障害になる可能性も。

これらの予防にバナナを積極的に取り入れたいですね。

 ビタミン

バナナにはビタミンB群 が豊富に含まれています。

ビタミンB群は、体内の脂質や糖質に働きかけ、代謝しやすくしてくれる効果 があります。

バナナを食べたあとで運動をすれば脂質や糖質を効率よく燃やしてくれるのです。

他にもビタミンA、C、E といった抗酸化作用免疫作用 をもつビタミンも含まれています。

バナナは美容とダイエットのためにあるようなフルーツですね!

食物繊維

バナナには豊富に食物繊維 が含まれています。

バナナは水溶性食物繊維不溶性食物繊維 の両方をバランス良く含んでいます。

この2つの食物繊維は水分をとりながら食べると満腹感を感じることができます。

また、便秘の解消に食物繊維は効果的 です。

特に野菜が苦手な方は食物繊維が不足しがちです。

バナナを食べて食物繊維をしっかり取りましょう。

フラクトオリゴ糖

バナナはフラクトオリゴ糖 を含んでいます。

砂糖よりカロリーが低く 、血糖値が上がりにくい糖質です。

フラクトオリゴ糖は糖質の中でも消化されにくいタイプになります。

そのため腸まで届き 、ビフィズス菌や乳酸菌のエサになり腸内環境を整えます

便秘や下痢などの腸のトラブルを改善し、健康な腸を保つ働き があります。

バナナの甘味は体に良いんですね!

バナナでダイエットする時はどんなことに注意するといいのでしょう?

バナナダイエットの方法をまとめてみました。

本数は?

バナナダイエットなら1食の本数は1、2本がおすすめ です。

本数に決まりがあるわけではありません。

ですが、食べ過ぎるとカロリーのとりすぎになってしまいます。

また、バナナにはシュウ酸という成分が含まれています。

シュウ酸をとりすぎると尿道結石になるリスクが高まります。

1日に4本以上食べるのは控えた方がよいでしょう。

よくかむ

バナナは生の状態 で、よくかんで食べましょう。

冷凍したバナナは体を冷やしますし、焼いたバナナではバナナに含まれる酵素が壊れてしまいます。

生のバナナをよくかむことで満足感がでやすくなります

消化がよくなり栄養の吸収もよくなりますよ。

また、かむ動作によって顔のむくみがとれ、フェイスラインがスッキリする効果 も期待できます。

常温の水と一緒に

バナナダイエットでは、バナナは常温の水を飲みながら 食べます。

水分と一緒にとることで、満腹感を早く感じる ことができます。

朝や暑い時期は冷たい水の方が良いと感じる方もいることでしょう。

ですが、冷たい水 は体の温度を下げてしまい代謝機能が落ちてしまいます

体の負担になるので常温か、冷えやすい方は白湯でも大丈夫です。

食前に食べる

食事の前にバナナを食べると、ゆるやかに血糖値があがります。

その後の食事で急激に血糖値があがるのを防ぐ効果 があるのです。

バナナをよくかみ水分をとりながら食べると、脳が満足したサインをだします。

なので、その後の食事が自然と減らせる ようになります。

バナナダイエットは食事制限はないのでストレスがなく続けやすいですね。

なぜバナナでダイエットできるのか?

それは成分に秘密があるのです。

バナナダイエットの効果を詳しく説明しますね。

脂肪燃焼

バナナには脂肪や糖質を燃焼しやすくするビタミンB群がバランス良く含まれています。

ビタミンB群は脂質や糖質、タンパク質をエネルギーとして消費 するのに必要な栄養素です。

ビタミンB群が不足 すると、体内で余った脂質や糖質が体脂肪として体に溜まり、肥満の原因 になります。

他にもバナナには必須アミノ酸のメチオニンやリジンが含まれています。

この2つのアミノ酸はカルニチン という脂肪燃焼効果 のある成分を体内で合成します。

便秘解消

バナナに含まれる水溶性食物繊維不溶性食物繊維フラクトオリゴ糖 が腸内を整え便秘を解消 します。

水溶性食物繊維は水に溶けるとゼリーのようなゲル状になります。

これは便の水分を適度に保ち、便を柔らかく出しやすい状態にしてくれます。

水に溶けない不溶性食物繊維は、水分を吸収して便のかさをふやします。

そして腸に適度な刺激を与え、腸の動きを活発にする効果 があります。

バナナは便秘の解消だけではなく、便秘の予防にもなるのです。

美肌効果

バナナの白いスジの部分にはポリフェノール が含まれています。

ポリフェノールにはアンチエイジンング効果 があり、肌を守る作用 があります。

他にもバナナには美肌ビタミンのカロテンやビタミンB、C、Eが含まれています。

日本バナナ輸入組合の行った調査にこんなデータがあります。

4週間、朝と晩にバナナを1本ずつ食べ肌の変化を調べたところ、肌質の改善 が認められました。

実施した方のほとんどが肌の潤い などの効果を実感 したそうです。

バナナは色の違いで含まれる成分が変わってきます。

欲しい効果にあわせてバナナを選ぶことができますよ。

青めバナナ

青めのバナナはまだ未成熟のバナナの事です。

甘さが控え目でさっぱりとした酸味があります。

固めで噛みごたえがあり、食べた満足感があります。

青めのバナナにはレジスタントスターチ といわれる成分が豊富に含まれています。

この成分は体の中で食物繊維 として働き、吸収されにくい ので摂取カロリーを抑える ことができます。

ダイエットなら青めのバナナが良いですね。

青めのバナナには生食用と調理用があるので購入するときは気をつけましょう。

黄色いバナナ

普段よく見かける黄色のバナナは栄養価が高く、ビタミンやミネラルが多いです。

しっかりした甘味と、もっちりした口どけの黄色いバナナは疲労の回復栄養補給 にぴったりです。

黄色いバナナは美容ビタミンのB群が他のフルーツと比べると多く含まれています。

また、黄色いバナナは身近な食品の中で、抗酸化力 を持つことがわかっています。

ダイエット以外にアンチエイジング美容効果 も狙うなら黄色いバナナがおすすめです。

バナナチップはバナナを薄くスライスし、油であげたものです。

乾燥させて水分が無くなると食物繊維やミネラルといった栄養素が濃縮 されます。

生のバナナとくらべて4倍も栄養価が高くなる のです。

カロテンなどのビタミンも体に吸収されやすくなります。

また、生のバナナよりも腹持ちがよくなるのでダイエット中のおやつにおすすめです。

1枚あたり約10kcal なのでカロリー計算もしやすいですね。

ひと口サイズで食べやすく、かさばらずに持ち運びできます。

食べきりサイズの少量パックなら、小腹がすいた時のおやつにぴったりですね。

30日間毎朝バナナダイエットにチャレンジした方の体験談です。

結果、-1.4キロのダイエットに成功

昼と夜は今までどおり食べていたそうなので、バナナダイエットは効果アリですね。

初日と最終日では肌のツヤが違い、若返って見えます。

バナナはダイエットと美容に有効なのがわかりますね!

バナナは栄養豊富でダイエットのためにあるようなフルーツでしたね。

手に入りやすく続けやすいのもバナナダイエットの魅力です。

上手に食べれば無理なく痩せることができます。

バナナなら健康的にダイエットできますよ!


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。