目次

  1. 1 ベーグルダイエットがあるって本当!?
  2. 2 ベーグルダイエットって何?
  3. 3 ベーグルのカロリーってどれくらい?
  4. 4 ベーグルの気になる栄養素は?
  5. 5 ベーグルダイエットのやり方
  6. 6 ダイエット以外にも効果あり!
  7. 7 ダイエットにオススメのベーグルはこれだ!
  8. 8 ダイエットにいい!ベーグルレシピを動画でチェック!
  9. 9 ベーグルダイエットで楽しく痩せよう!

もちもちした食感がやみつきになるベーグル。

そんな美味しくて満腹感のあるベーグルで、ダイエットができる って知ってましたか?

「でもベーグルって炭水化物だし、ダイエットには良くないんじゃ…」と疑問に思っているあなた!

そうではないんです!ここで、ダイエットに最適のベーグルの魅力 をご紹介します!!

ベーグルダイエットは、食事のご飯やパン等の代わりに、ベーグルを食べるというダイエット法です!

ベーグルは、卵やバターを使用せずに作られるので、他のパンに比べて脂質やコレステロールが低い のが特徴です。

ベーグルは炭水化物ですが、低GI食品 ですので、緩やかに血糖値をあげ、脂肪分を身体に溜め込まないようにします。

ダイエットをしている人にとっては、脂肪分や炭水化物等はとても気になるところですよね!

そんな方々の味方になるのが、ベーグルダイエットになります!

また、噛み応えがある のもベーグルの特徴です。

ベーグルをよく噛むことによって、満腹中枢 が満たされ、置き換えダイエットでよくありがちな「空腹感」をなくしてくれます

さらに、よく噛むことによって、顎の筋肉が鍛えられ、フェイスラインの引き締め にも効果があるのです!

前述したように、ベーグルは卵やバターを使わないので、他のパンに比べてカロリーがやや低くなっています。

ベーグル(プレーン)は100gあたり約240kcalなのに比べて、

クロワッサン100gあたり437kcal、食パン6枚切り1枚あたり145kcalになります。

こう見ると、カロリーはやや低め ですが、格段に低いというわけではありません。

ですので、ダイエットに良いからといって食べ過ぎは注意 です!

しかし、低GIの点からも、ベーグルは炭水化物の中でも、ダイエットに適した食品 になります!

ダイエットすると、どうしても偏りがちになってしまう栄養素。でも、健康的にダイエット したいですよね!

ここでベーグルに含まれる栄養素 をご紹介します!

脂質が少ない

ダイエットする時、脂質の量って気になるとこですよね。

ベーグルは、バターや牛乳を使わずに作られるので、他のパンに比べて脂質を格段に抑える ことが出来ます!

ベーグル100gあたり脂質1g なのに対し、クロワッサンは26.8g /100g、ロールパンは9g /100gです。

こう見ると、ベーグルの脂質がかなり低いことが分かりますね!

この違いがダイエットに大きな差 をもたらします!

タンパク質

ベーグルは、最強力粉といって、グルテンの高い小麦粉 で作られているので、タンパク質を豊富 に含んでいます!

ダイエットに必要なのは、高タンパクの食事です!

なぜなら、タンパク質は、筋肉を作る栄養素 としてはもちろんですが、

身体の水分量を調整 したり、血液循環を良くして代謝アップ もする栄養素だからです!

ベーグルに含まれるタンパク質は植物性タンパク質 なので、肉や魚などに含まれる動物性タンパク質 と一緒に摂取するとより栄養バランスの良いダイエットができます。

ビタミン・ミネラル

私たちの身体に不可欠な三大栄養素「タンパク質・脂質・炭水化物」ですが、

この三大栄養素が効果を発揮するため には、ビタミンとミネラルがとても大事になります。

ベーグルには、糖質の代謝を良くするビタミンB1貧血予防となる葉酸 などのビタミンが含まれています。

また、身体の水分バランスや神経を調整したり、身体の構造に重要なミネラル が含まれていて、ダイエットで不足がちになる栄養素をサポートしてくれます!

ベーグルダイエットのやり方はとても簡単

ただ、バランス良く栄養を取ることが大事 なので、ここでポイントをご紹介します!

2食を置き換え

ベーグルダイエットでは、食事中のご飯やパンなどの炭水化物をベーグルに置き換えます

目安としては、3食のうち2食を置き換えると良いです。

特に、朝食と昼食分を置き換えるのがオススメ です!

なぜなら、夜間は脂肪を溜め込みやすくなる上、日中に比べ動く量が少ないので、カロリー消費することも難しいからです。

なので、朝食と昼食でベーグルを食べて、日中のうちに脂肪やエネルギーを消費 することが出来ます!

味付けの注意点

ベーグルを選ぶ時に気をつけてほしいのが、味付け です!

最近では、チョコレート、ブルーベリーやシナモンレーズンなど、いろんな種類のベーグルがありますよね。

ただ、これらにはプレーンのベーグルと比べると、カロリーが高く、糖分が多く含まれています。

時々味を変えるのも、ダイエット継続のポイントですが、糖分のとり過ぎには注意 です。

ダイエットに集中したいなら、低GIのセサミや発芽玄米などのベーグルがオススメ です!

また、ベーグルとの組み合わせで多いクリームチーズですが、脂質がやや多くなってしまう ので注意が必要です。

野菜もとる!

ベーグルはパンの中でも、食物繊維の豊富なパン です。

とはいっても、ベーグルだけでは一日に必要な食物繊維はまかなえません。

食物繊維は、糖質の吸収を緩やかにしたり、ダイエット中にありがちな便秘も解消 してくれます!

ベーグルをサンドウィッチにするもの良いですし、サラダと一緒にベーグルを食べるものオススメです!

今までお話したようにベーグルには、人が生きるために不可欠で身体の構造に深く関連しているタンパク質を多く含み、身体のバランスを整えてくれるビタミンやミネラルも含んでいます。

ベーグルをダイエット食として取り入れるだけで、健康維持 にも役立つのです!

また、プレーン以外のベーグルをチョイスすることで、美しさを保つ 栄養素や健康増進 に良い栄養素を取り入れることが出来ます!

健康維持をしながらダイエットをするのはとても大切なことですよね!

栄養豊富なベーグルを、より美味しく、お腹も心も満足できる食べ方をご紹介します!

おからブルーベリーベーグル

おからは食物繊維を多く含んでいて、腸内をキレイ にしてくれます。

また、おからは水分を含んで膨れるので、お腹の中で膨らみ、食べた以上に満腹感を得られる ことが出来ます!

そして、ブルーベリーのビタミンやミネラル、抗酸化作用によって美肌効果 も期待できます!

ダイエットで不足しがちな栄養素を補い、美しい身体にしてくれる ベーグルです

 きなこ豆乳ベーグル

きなこには食物繊維だけでなく、ビタミンやミネラルが多く含まれていて、ダイエット中に不足しがちな栄養素をカバーしてくれます。

また、きなこと豆乳には、大豆イソフラボン が含まれていて、お肌や体の老化を防ぐ効果があります。

大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンととても似た構造と作用をもたらすことが知られていて、

美肌効果髪を美しく保つバストアップ といった効果があると言われています。

このベーグルを食べることで、美をキープしたダイエット が期待できます!

 ライ麦セサミベーグル

ライ麦には、豊富な食物繊維と、ビタミンB群や鉄分 が多く含まれています。

また、低GI食品 としても知られていて、ダイエットに最適の食物です!

ライ麦はやや重みがあって固めなので、よく噛んで食べることによって満腹感を得ることもできます!

健康維持 しながら、ダイエットが出来るベーグルです!

パイナップルとセロリには、ビタミン・ミネラルが豊富で、抗酸化作用もあるので、美肌効果疲労・ストレス解消効果 があります。

また、セロリには酵素が多く含まれているので、痩せやすい身体 を作りやすくします。

そして、ここにサーモンをプラスすることによって、タンパク質 もとれ、栄養バランスのとれたベーグルを楽しむことが出来ます!

ベーグルはそのまま食べるだけでなく、ちょっと組み合わせを工夫するだけで、美味しくて栄養抜群のダイエット食になります!

今までダイエット中にパンを控えなければ…と思ってストレスを感じていた方もいらっしゃるでしょう。

そんな方の味方になるのが、ベーグルダイエットです!

ぜひ、ベーグルダイエットで、美しく健康な身体を作りましょう!


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。