目次

  1. 1 背中痩せの方法が是非知りたい!
  2. 2 方法の前に! 背中痩せになってしまう原因は?
  3. 3 背中痩せのためのウォーキング方法!
  4. 4 背中痩せのためのお風呂あがりストレッチ方法
  5. 5 背中を痩せさせるためには、食事方法にも注意!
  6. 6 背中痩せのためには、こんな食事方法がいいらしい!
  7. 7 背中痩せにあたって、逆にこんな食事方法はダメ!
  8. 8 背中が痩せる! オススメダイエットフード!
  9. 9 方法を熟知して、背中痩せを成功させよう!

ブラの上からはみ出る贅肉たるんで締まりのない背中 に目をつぶりたくなってませんか?

効果的な背中痩せの方法 が知りたいけどたくさんあってわからない……。

そんなあなたにオススメな背中痩せを紹介します!

普段気にしていない姿勢の悪さだったり、加齢だったり。

気付かぬうちに背中に脂肪はついてきてしまいます!

長時間、長期間の無理な姿勢!

同じ体勢で長時間作業をすると筋肉が固くなってしまい 、背中に脂肪がつきやすくなってしまいます。

血行も悪くなり脂肪燃焼もしずらく、背中についた脂肪がセルライトになってしまうことも!

猫背

猫背で普段過ごしていると背中の筋肉は頭や肩をもとの位置に戻そうとし緊張状態が続いてしまいます。

結果、早く疲労し肩こり、むくみとなりそれが脂肪がつきやすくなる原因 に。

 加齢

背中も顔と同じように年齢を重ねていくとたるんできます。

普段運動をしない人は筋肉を使う頻度が少ないため年齢とともに脂肪もつきやすくなってしまいます。

背中の筋肉が衰えていくのを背中を意識した運動方法やストレッチ方法で防ぐことが大切 です。

  • 大股であるく
  • 胸を張る
  • 顎を軽く引く
  • 呼吸方法

など、これらはよく意識してウォーキングされている方は多いとおもいます。

ですが背中痩せウォーキング方法にはもう一つ大切なポイントがあるんです!

それが「腕の振り方」 です。

肘を軽く曲げ肩幅に肘が収まるようまっすぐ適度に振ります。

肩幅よりも肘がはみ出してしまうような振り方や斜めに振ってしまうと歪んだ背中 になってしまうので気を付けてください。

ウォーキングする時間がないという方でも大丈夫!

お風呂あがりストレッチ方法 で背中痩せを目指せます!

床に座り、大きく足を広げる

開脚した状態で、両足のつま先を天井に向け上半身を前に倒します。

このとき膝は伸ばさず軽く曲げておいてください。

この状態を20秒キープしゆっくり深呼吸します。

そしてさらに両足を3cmほど広げ状態もまた前に倒します。

この状態を20秒キープし深呼吸をし、ここまでで1セットです。

ゆっくり深呼吸しながら背中や腰を伸ばしてあげることで疲労解消にも効果が期待できます!

床に四つん這いになって

床に四つん這いになった状態から右手を左手のやや前方につきます。

そしてお尻を後方に下げながら背中をそらします。

このとき左ひじを床につけてください。

この状態を30秒ゆっくり深呼吸しながらキープします。

左右の手を入れ替えて逆も同じように行ってください。

わき腹から背中が伸びて気持ち良くなるのでリラックス効果が期待できます!

肩甲骨を寄せ、胸を開く

正座、または膝立ちから体の横で腕を広げ掌は前に向けゆっくり深呼吸しながら20秒キープします。

次は掌を裏表返しながら同じく深呼吸します。10回程度繰り返してください。

掌を前や後ろに向けることで肩甲骨が動くので背中のコリもほぐれます!

背中痩せを実現させるためにはダイエット同様食事方法にも気を付けなければなりません!

まずは1日3食 、規則正しい食事を心がけてヘルシーな食事にシフトしていきましょう。

背中の部分痩せは難しいので体全体が痩せていくような食事方法、ストレッチ方法で背中もすっきりさせましょう!

ダイエットに食事制限はつきものですが、強制されると辛さが増しますね…。

背中痩せ実現のためにまずはバランスを考えた食事方法を実践してみましょう!

たんぱく質、糖質をバランス良く!

とりすぎはもちろん肥満のもとですが、まったく取らないのはダメです!

背中痩せやダイエットにはもちろん健康のためにもバランスを考えることはとても大切です。

理想は糖質60%脂質25%たんぱく質15% と言われていますが、個人差はもちろんありますし、はかるのも面倒ですよね。

なので野菜やお肉、魚などに含まれる糖質は気にせずに摂取してください。

ただ、コーンフレークやスパゲッティなどの麺類、お餅などは糖質が高いので注意してください。

腹8分を目安 に糖質が高いものを避けていくと自然とバランスの取れた食事をとることが出来ます。

自分の摂取カロリーを把握すること!

一日の摂取カロリーの目安ですが、「体重×25~30(kcal)」 で算出します。

体重60Kgだと1500~1800kcalになります。注意してほしいのは1200kcalを下回らないこと!

摂取カロリーが少ないと体が飢餓状態と判断してしまい摂取した脂質や糖質を脂肪に変えため込んでしまいます。

算出したカロリーを一日の食事に割り当てるのですが、このとき夜は少なめ、朝は多めのカロリーにしておくと効果的です。

 食事のタイミング

背中痩せだけでなくダイエットや健康にも効果的な方法が食事をとるタイミングや食べる順番 です。

三食食べればいいというものではなく、痩せやすいタイミングで食事をとることが大切 です。

  • 朝6~7時
  • 昼10~11時
  • 夜16~17時

この時間帯に血糖値が下がりやすくなる と言われているので摂取した糖質や脂質がエネルギーとして速やかに変換 され脂肪になりづらいと言われています。

働いている方はどうしても難しい場合があると思います。

お腹が空いているわけじゃないときにはしっかりした食事はとらず「お腹が空いたなぁ」 と感じた時に食事をとってください。

血糖値が下がってきている目安として覚えておいてください。

オススメの食事方法としては炭水化物→たんぱく質→食物繊維の順番 で食べること。

胃に負担を掛けず、しっかり消化されているので体にとってもオススメの食べ方です。

炭水化物の量を朝から夜に向かって減らしていくとより効果的 です!

無理な食事制限や絶食で背中痩せやダイエット を行う方法。

○○だけダイエット など、豆腐だけ食べる、バナナだけ食べるといった極端な方法もオススメしません!

ケーキやラーメン、食パンにバターとジャム、ポテトチップスとジュースなど体に脂肪をどんどんため込んでしまう食事も要注意です。

調理方法を変えたり薄味にしたりと色々試して自分にあった無理のない食事方法で背中痩せを実現しましょう!

背中痩せに効果があるオススメフードを紹介!

普段の生活に取り入れてみてください。

美禅食

一日わずか108円で60kcal以下 の一食置き換え自然派ダイエット美禅食!

仕事で忙しい方にも手軽に始めたい方 にとってもオススメな美禅食は一日一食置き換える方法で無理なく背中痩せやダイエットを始められます!

一食108円と、とってもリーズナブルなのに30種類以上の食物を配合 しているので栄養もバッチリ!

しかも保存料合成着色料 は使っていないので体にとってもやさしいんです。

ほかにもコラーゲン配合 で美容にもいいので女性にオススメ!

ゴマきな粉味とコーン味 で食事にぴったり!お子様のおやつにもオススメです。

 スーパーフードプロテインパウダー

プロテインは筋肉をつけたい男性向けのイメージがありますよね。

プロテインとはたんぱく質のことを言い、肌や髪の毛、爪などをの主成分なのです。

食事からでしか摂取できないたんぱく質を効率よく摂取できればダイエットだけでなく美しさも手に入れられます。

背中痩せやダイエットとして一食置き換える方法や間食としてもオススメ!

忙しい朝の出勤前にエネルギーをチャージするイメージでOKです!

スポーツをしているかたや、体力仕事の方、もちろん忙しい毎日を過ごしている方にもおすすめなスーパーフードプロテイン

マキベリー・カカオ・アサイーと味も三種類あるので好みの味で背中痩せやダイエットを始めてみてください!

キヌア

南米原産の雑穀の一種であるキヌア。

必須アミノ酸9種すべてを含んでいる ことからスーパーフードと呼ばれその栄養価の高さが注目されています。

キヌアは白米に比べてたんぱく質は2倍、脂質は5倍、カルシウムは6倍、食物繊維はなんと10倍も含まれているスーパーフード なのです。

カロリーも100gで350kcal!ですが、キヌアは水分を含むと約5倍に膨らむため実際は20gでOK!

ということは70kcalになるので背中痩せはもちろん、ダイエットにもオススメです。

調理方法は色々!雑炊やスープ、サラダやチャーハンもできちゃうのでしっかりご飯を食べながら背中痩せやダイエットを始めたい方にはとってもおすすめ!

食事方法やストレッチ方法と様々な方法がある背中痩せ。

自分にできる無理のない背中痩せ方法を見つけて 美しく締まりのある理想的な背中を手に入れましょう!


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。