目次

  1. 1 紫外線対策は夏だけじゃない!秋こそ必要なんです
  2. 2 秋は紫外線対策を怠ってしまう時期…
  3. 3 秋は夏に浴びた紫外線のダメージが出始める頃
  4. 4 秋の紫外線も侮れない!紫外線には種類がある
  5. 5 【秋の紫外線対策①】日焼け止めの選び方
  6. 6 【秋の紫外線対策②】保湿
  7. 7 【秋の紫外線対策③】肌のダメージに有効な栄養素
  8. 8 【秋の紫外線対策はサプリでできる】
  9. 9 秋は夏とは違った紫外線対策が必要です!

暑かった夏が終わり、紫外線対策もそろそろ終わり…。

と、お考えの方も多いのではないでしょうか?

紫外線に油断しがちな秋。

しかし、秋も変わらず紫外線は降り注いでいます。

そこで、秋にこそ、紫外線対策が必要な理由をリサーチして見ました。

暑かった夏が終わったので、紫外線対策もそろそろ終わりで良いかな…。

実はそれは、大きな間違いでした…。

秋も、引き続き紫外線対策は必要 だったのです!

夏が紫外線強いイメージでしたが、夏から秋にかけての時期も紫外線対策は必要なのですね。

みなさん、それぞれ紫外線に対しての意識は高いようです。

なぜ、秋になっても紫外線ケアが必要なのでしょうか?

そこにはこんな理由がありました。

1)肌の生まれ変わりは約1ヵ月かかる

暑かった夏が終わり、ようやく涼しい秋がやってきたので紫外線もそこまで気にしなくて大丈夫!

と言うのは大きな間違い。

夏の日差しによって日焼けしてしまったり、紫外線でダメージを負ってしまった皮膚は時間をかけて元に戻ります。

その間、実に1ヶ月と言われています。

ヒリヒリと痛みを感じてきたら、皮がむけてきて、新しい皮膚に生まれ変わる、と言うサイクルを繰り返すのです。

つまり、秋は皮膚の回復期間に繋がっている期間。

皮膚をさらに痛めないように、紫外線対策は重要なのです。

2)紫外線は肌の奥深くまで入り込む

紫外線には2種類あります。

UVA波UVB波 と言うものです。

このUVA波が、シミの原因 。特に、角層の奥深く浸透する、DEEP UVA波 は強いダメージがあります。

肌の奥深くまで紫外線が到達することで、細胞が傷ついてしまうのです。

紫外線で細胞が傷ついてしまうと、細胞分裂に異常をきたす原因になってしまいます。

それにより、メラニンの異常な増殖が始まり、黒いかたまり表皮になるのです。

それがどんどん溜まりやがてシミになっていくのです。

 3)空気の乾燥により肌も乾燥している

夏の紫外線や長時間エアコンを付けていた空間で、今の時期、肌の内部はとても乾燥 しています。

肌に潤いを与えて、肌の水分量をアップさせることが重要なポイント。

水分を与えたら、その水分を保持することが必要となります。

肌の水分を保持し、乾燥から肌を守ってくれるのです。

高保湿成分が高く配合させているものがオススメ。

乾燥がシミやソバカスの原因 になってしまうので、保湿してあげることで予防 になります。

夏のダメージを引きずっている、この時期だからこそ入念にケアすることが大事です。

季節が寒くなると紫外線は落ち着いていく、と言う考えは間違いです。

秋の紫外線を甘く見てはいけません。

また紫外線の種類によって肌に与える影響が違うことをご存知でしたか?

それも合わせてご紹介します。

1)秋と夏はUV-Bの量が変わらない

皆さん、意外と知らないのが夏の紫外線B派と、秋の紫外線B派の量は一緒だと言うこと。

紫外線B派、UV-Bは地球に届く紫外線な中では1割とかなり少なめ。

しかし、その破壊力は大きいのです。

短時間で肌の炎症を引き起こしたり肌を黒くする作用が強い のです。

ピークは5月〜9月なので、涼しくなってからに季節も紫外線対策はしっかり行いましょう。

2)シワ、タルミの原因、紫外線A波

シミだけではなく、肌の悩みの中ではもっとも多い、シワやたるみの悩み。

それを作り出しているのが紫外線A派、UV-Aです。

B波よりもお肌の奥深くにまで侵入しコラーゲンを変形させてしまう のです。

コラーゲンの変形は、シワやタルミの原因になっています。

このUV-Aは季節や、時間帯、天候によっての差がほぼないので、1年中一定に降りつづいていることになります。

UV-Aは、地球に届く紫外線の約9割を占めています。

これが肌に蓄積するダメージになるのです。

3) 天候に左右されない紫外線

紫外線の特徴としては、天候に左右されないため、季節関係なく紫外線対策は必要と言えるでしょう。

そして、1年を通して地球に降り注ぐ量も変わりません。

紫外線対策を怠ると、紫外線が真皮にまで到達してしまい、シワやタルミの原因になってしまいます。

1年を通して、日焼け止めを塗るなど、対策はしっかり行いましょう。

ここで、重要な日焼け止めの選び方のポイントを説明します。

ポイントを抑えることで、より効果的な日焼け止め効果が期待できます。

1)PA値が高いものを選ぼう!

PAとは、紫外線の防止効果を表す目安の数値のなります。

+の多さがUV-Aに対する効果の高さを示す のです。

基本的に数値は++++、+++、++、+の4段階となっています。

+が多いほど、紫外線防止効果が高くなるのです。

紫外線は、夏の日差しが強い日だけにあるものと思われている方も多いと思いますが、実は間違い。

紫外線と言うものは、夏以外でも燦々と降り続いているもの。

気になる方は、PA数値の高いものを選ぶことをオススメします。

2)紫外線、近赤外線カット成分が配合されているものを選ぼう!

紫外線だけ防いでれば大丈夫、と言うことではありません。

実は、近赤外線まで防いでこそ、本当の予防になるのでそうです。

紫外線と、遠赤外線の違いは肌に与えるダメージの深さ にありました。

遠赤外線は、紫外線よりも波長が長いために、肌の奥深くの筋肉や真皮まで到達してしまいます。

そのため、コラーゲンやエラスチンなどの成分を破壊し、シワやたるみの原因を作り出してしまうのです。

ですから、日焼け止めを選ぶ際は遠赤外線を防いでくれる成分が、配合されているのものを選びましょう。

 3)顔用、身体用で使い分けよう!

残念なことに、日焼け止めなんてどれも一緒だろうとお考えの方が多い印象です。

しかし意外にも重要なのが、顔用か、からだ用か使い分けること なのです。

顔とからだの皮膚は、薄さや皮脂量が全く違います。

そのため、化粧品メーカーは、顔用・からだ用で、使用部位に合わせた日焼け止めの販売をしているのです。

日焼け止めも使用部位ごとに使い分けることで、より高い効果があるのです。

秋には肌の保湿をすることがとても重要になるのです。

その理由をまとめました。

1)秋は肌のバリア機能が低下している!

秋は、夏に受けた紫外線や日焼けのダメージにより、肌は完璧な状態には戻ってません。

肌が健康な状態であれば、色素沈着の元となるメラニン成分は汗や尿として体外に排出されていきます。

しかし、夏のダメージを受けた肌では、角質層における肌のバリア機能が低下している状態 です。

そのため、生成されたメラニンが体内に蓄積 されてしまい、シミやソバカスの原因 になってしまいます。

見た目では、肌のダメージはあまり感じないかもしれませんが、肌は確実にダメージを受けているのです。

私たちの知らないうちに、肌の老化現象が起こってしまっている可能性が高いです。

2)秋の肌は乾燥している!

秋は涼しくて過ごしやすい季節ですね。

しかし夏に比べるとグッと空気は乾燥してしまっているのです。

特に夏が終わったばかりの、9月から10月は一気に肌から水分が抜けたような感覚に陥ります。

これは、夏に受けた紫外線が表皮細胞に悪影響を与えているのが原因。

つまり、角質層の機能に異常が生じてしまい肌の保湿機能を低下 させているのです。

そのため、肌は夏に比べガサついたり、ゴワゴワしたような感覚になってしまいます。

3)季節の変わり目、肌はデリケートになっている!

暑い夏が終わり、肌寒い秋が来ます。

それは、寒い冬を迎える上での準備期間で、身体の内部から季節の変化に対応する機能が働くのです。

この時期は体調が一種の緊張状態となっています。

つまり、外からの刺激に対して、身体が反応しやすくなっている状態 のことを指します。

この時期は肌がいつもよりもデリケートになっているので、ケアを怠ってはいけません。

肌のダメージ回復に必要な栄養素がいくつかあります。

肌にどのような効果をもたらしてくれるのか、詳しく見ていきましょう。

1)ビタミンC

美しい肌や健康な身体を維持するための重要なのが、ビタミンC。

特に肌に働く効果としては美白や、美肌作用があります。

ビタミンCは、シミの原因となるメラニンを作らせないようにする働きがあると言われています。

また、ビタミンCはコラーゲンを合成する酵素の働きをサポートするので、お肌のハリのためには欠かせません。

ビタミンCを、肌の細胞に多く取り入れることで、ハリや弾力をキープしているコラーゲンをたくさん生成してくれます。

主に含まれる食材にはパプリカ、ブロッコリー、芽キャベツなどです。

シワのない若々しい肌へと導く手助けをしてくれるのが、ビタミンCなのです。

2)ビタミンE

ビタミンEは皮膚から直接吸収される成分です。

ビタミンEは主に、保湿効果や、メラニンの沈着抑制してくれたり、紫外線防御効果が期待できる成分。

化粧品の成分にも多数使われており、安全性が高い作用、効果が認められています。

特に肌に対しての保湿効果と抗酸化作用に優れているのです。

乾燥肌が気になる方や紫外線が気になる時期には、積極的に摂取しましょう。

特に、アーモンドやヘーゼルナッツなどのナッツ系に、ビタミンEは多く含まれています。

敏感肌の方には特に、オススメできるのがビタミン成分です。

3)アスタキサンチン

アスタキサンチンは、アンチエイジングに欠かせない抗酸化作用がとても優れている成分。

肌は本来、細胞が入れかわり、自らを正常な状態に保つ力があります。

しかし加齢と共にその力は衰えていくのです。

さらに紫外線によって発生する、活性酸素はシワやシミの原因となるもの。

アスタキサンチンは活性酸素のダメージから細胞を守ってくれる、重要な役割のある成分 なのです。

アスタキサンチンは魚介類に多く含まれています。

肉よりも魚中心の食生活に変えるだけで肌にはとても良い効果があるのです。

紫外線対策ができるサプリメントが登場していることをご存知でしたか?

日焼け止めなどで外側の対策をした後は、身体の中から紫外線対策するのが重要となってきます。

ぜひオススメしたいのがビューティボタニカルスーパーフード です。

1)アサイーポリフェノール配合!

やはり紫外線は100%防ぐことは難しいもの。

日焼け止めを塗っても、やはり完璧ではありませんし、秋は季節の変わり目で肌も敏感な時期…。

少しの紫外線でも、過剰に反応が出てしまう可能性があるため、そんな時は体内からのケアが重要となってきます。

アサイーポリフェノールは身体の老化を防止する抗酸化作用を持つポリフェノールが豊富。

また、肌に良いビタミンCや、ビタミンEも豊富 なので肌荒れ肌の老化を防いでくれる のです。

2)アントシアニンが豊富!

みなさん、アントシアニンと聞いて、何を思い浮かべますか?

おそらくほとんどの方が眼精疲労に効果があることを思い浮かべるかと思います。

実は、アントシアニンはメラニンと同じような働きがあるのです。

どういうことかと言うと、アントシアニンはメラニン色素を作って体内に紫外線が入らないように働いてくれる んです。

私たちの身体に紫外線やウィルスなどの害が及ばないように守ってくれる と言うことです。

3)ココナッツオイル配合で肌の回復をスムーズに。

夏にダメージを受けた肌の生まれ変わる周期は、だいたい1ヶ月と言われています。

ですから、秋も引き続き紫外線対策は必要なのです。

ビューティボタニカルスーパーフードには、ココナッツオイルが配合されています。

この、ココナッツオイルには中鎖脂肪酸が含まれている ため、肌の代謝を促し肌の回復を早めてくれる のです。

油断は禁物な季節、それが秋。

紫外線は1年中降り注いでいます。

肌への紫外線対策は1年を通して習慣づけましょう。

日々の肌ケアの継続こそ、これから先、未来への肌のキレイへと繋がっていくのです。


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。