目次

  1. 1 甘酒で痩せた!?今話題の甘酒ダイエットについて知りたい!!
  2. 2 日本伝統の飲み物・甘酒のパワーが注目されている!
  3. 3 甘酒に含まれる美容や健康に効果的な成分とは?
  4. 4 一食を置き換えるだけ!カンタン甘酒ダイエット
  5. 5 甘酒ダイエットを成功させるポイントは?
  6. 6 甘酒ダイエットを実践している人たちの声!
  7. 7 自家製甘酒の作り方をチェック!
  8. 8 毎回作るのは大変・・そんな人はおすすめ甘酒を活用してみて!
  9. 9 置き換えダイエットなら酵素ドリンクもGOOD!
  10. 10 夏バテにも効く!甘酒でヘルシーにダイエット♪

皆さんは、甘酒 と聞くとどんなイメージを持ちますか?

お祭りの縁日 や、お正月 の初詣の時に飲むイメージですよね。

そんな甘酒にダイエット効果 があることを知っていますか?

今回は甘酒の知られざるダイエット効果について見ていきましょう。

ではまず、甘酒ダイエットを皆さんに紹介する前に、肝心な甘酒 について説明しましょう。

甘酒と言えば皆さん子供の頃から親しみのある日本伝統の飲み 物ですね。

皆さんも、お祭りなんかで一度は飲んだこともあるかもしれません。

最近は、スーパーコンビニ自動販売機 なんかでも売っていますね。

昔は、寒い時期だけのイメージがあった甘酒も今では一年中 気軽に飲むことができます。

そんな甘酒には種類が2種類 あることを知っていましたか?

一つは皆さんおなじみの酒粕 から作る甘酒です。

こちらはアルコール成分 も入っていますし、砂糖 も入っているのでダイエットにはあまり向いていません。

今回紹介したいのは、もう一つの甘酒

米麹 から作った甘酒 なんです。

米麹の甘酒には健康美容 にいい成分がたくさん入っているんです。

それでいてアルコールは入っていませんので毎日 飲むのにぴったりです。

日本人に不足しがちなビタミンB群が豊富!

現代の日本人は、ビタミンB が不足してるといわれています。

ビタミンBは体内の糖質 を、エネルギー に変えるためにとても大切なんです。

ビタミンBが不足 してしまうと、体内の代謝が下がりダイエットには逆効果 です。

甘酒にはそんな日本人が不足しがちなビタミンB1、B2、B6、イノシトールなど、ビタミンB群豊富 に含まれているんです。

このビタミンBを摂取することで、体内の糖質 がたまるのを防いでくれます。

さらに、イノシトール には、血流や脂肪 の流れを良くする効果もあります。

腸内環境を整える乳酸菌やオリゴ糖も!

現代の女性の悩みで多いものは便秘 です。

女性は不規則な生活習慣無理なダイエット などで便秘になる方も多くいます。

そして、便秘はダイエット にも逆効果 です。

そんな、腸内環境を整えるのに効果的 な成分も甘酒には入っているんです。

甘酒には乳酸菌 が入っています。甘酒に入っている乳酸菌は、植物性乳酸菌 と言います。

植物性乳酸菌は胃酸 などに強いので生きたまま腸まで届く と言われています。

さらに、オリゴ糖 も含まれているので、腸内で善玉菌 を増やしてくれ、腸内環境を整えてくれます。

代謝に不可欠な酵素もたっぷり!

酵素 は最近、テレビや、その他さまざまなメディアで取り上げられていますね。

酵素は、健康にいい ということはみなさん耳にしたことがあると思います。

では実際に、ダイエット にはどんな効果 があるのでしょう?

酵素は、代謝 にとても必要な栄養素 なんです。

その酵素が、甘酒にはなんと100種類 も入っていると言われているんです。

中でも、リパーゼ という酵素は脂肪を消化 してエネルギーに変える働きがあるほか、皮下脂肪 や、内臓脂肪 を燃焼する効果もあるとされています。

甘酒には体にいいさまざまな成分が入っていましたね。

甘酒は飲む点滴 とも言われるくらい体にいいんです。

そんな甘酒は、ダイエット にもぴったりなんです。

ぜひ甘酒をダイエットに取り入れてみましょう。やり方もとっても簡単です。

まず、甘酒ダイエットをするなら一食置き換え ダイエットがおすすめです。

一日一食でも置き換えることで一日の摂取カロリー はかなり軽減 されます。

置き換えダイエットは栄養が偏ったりと心配な面があります。

ですが甘酒は栄養豊富で、現代人に足りていない栄養素 もおぎなってくれるので栄養面 でも心配ありません。

甘酒ダイエットは、無理せず健康的にダイエットすることができます。

そんな、甘酒ダイエットをしっかり成功させるために必要なポイントを押さえておきましょう。

朝食を甘酒に置き換えるのがベスト!

甘酒は置き換えダイエットにぴったりですが、いつ置き換えればいいかは皆さん気になりますよね。

置き換えるのは、朝、昼、晩、といつでもいいのですが、おすすめはだんぜん朝 です。

なぜ朝を甘酒に置き換えると良いのかというと、甘酒に含まれるブドウ糖 を朝摂取することで血糖値 が上がるからです。

さらに温かい甘酒で満腹感 もばっちりですね。

甘酒を温かくして飲む時は加熱しすぎない

甘酒ダイエットで一つ気を付けなければ いけないことがあります。

皆さん、甘酒を飲むときは温めて飲むと思います。

その時に、温めすぎ無いように注意しましょう。

甘酒に含まれているビタミンB群熱に弱い 性質を持ちます。

せっかく豊富なビタミンB群が含まれているのに、温めすぎてビタミンB群が失われてしまってはもったいないです。

飲む量はコップ1杯程度まで

そして、もう一つ気を付けなければならないことがあります。

甘酒を飲むときはコップ一杯程度 にしておきましょう。

甘酒のカロリーは100グラムで80キロカロリー ほどです。

どんなものでもそうですが、やはり取りすぎ はあまり体によくないです。

目的はあくまでダイエットなので、美味しい甘酒ですがついつい飲みすぎないよう 注意しましょう。

甘酒ダイエットはいつでも簡単に始められます。

口コミなどを見ると全体的に置き換えダイエット で実践している方が多くいました。

さらに、やはり置き換えるなら がいいという方もたくさんいました。

甘酒の自然な甘さ があるので、自然と間食 をしなくなった方もいましたね。

温かい甘酒を飲んでとてもリラックス できたという感想もあります。

甘酒は体によくてダイエットにも効果がある飲み物です。

どうせ毎日飲むなら自家製自分好み の甘酒もいいですよね。

作り方もとっても簡単なのでご紹介します。

お米1合米麹100グラム水適量 を用意してください。

米麹の塊はあらかじめほぐしておきましょう。

そしてお米を炊飯器に入れ、おかゆ の水加減で炊飯します。

おかゆができたら、冷めるまで待ちます。

だいたい60度以下 になるまで待ちましょう。

さめたら米麹 を加え、保温8時間放置 したら完成です。

このときのポイントは、炊飯器のふたは半開き にして、上からふきん をかけておくことです。

美味しい甘酒でダイエットしたいけど、仕事をしていると毎日作っている暇がない・・・。

そんな忙しい方には、こちらの甘酒をお勧めします。

遠藤酒造・造り酒屋の甘酒

遠藤酒造は創業150年 の歴史ある老舗酒造 です。

その老舗酒造が作る甘酒は、無加糖ノンアルコール で累計販売本数126.000本 を突破する大人気商品です。

遠藤酒造の甘酒は自然な甘さ でとっても飲みやすいです。

それもそのはず、こちらの甘酒の甘さの元は100%ブドウ糖 なんです。

ノンアルコール無加糖 なので、お子様から年寄りまで家族みんなで飲めます。

ぶんご銘醸 麹天然仕込・酒蔵のあまざけ

ぶんご銘醸は、大分にある明治43年 から続く酒蔵です。

こちらの甘酒は、砂糖添加物 を一切使っていません。

原材料は と、米麹 のみなんです。

米麹から作る甘酒なので、ノンアルコール でどなたでも美味しくいただけます。

さらに、こちらの甘酒は にもこだわっています。

水は九州屈指の清流 といわれている番匠川 の水を使っています。

マルコメプラス糀 米糀からつくった甘酒

マルコメプラス糀の米糀から作った甘酒も、無加糖ノンアルコール授乳中のママ でも飲むことができます。

なぜ砂糖を加えなくても甘いのかというと米糀 がお米に含まれるデンプンを分解して糖化するため甘く感じられるのです。

商品ラインアップも、ノーマルなものから生姜入り や、豆乳入り のものもあって好みに合わせて楽しめます。

ここまで甘酒 の魅力をたっぷりとご紹介してきました。

甘酒は、美味しく、ダイエットにもなる健康 にいい飲み物でした。

そんな甘酒のパワーの秘密は酵素 ですね。

この酵素こそが、ダイエット健康 にとっても重要なんです。

なので、甘酒置き換えダイエットでちょっと気分転換 をしたいときなどは、ほかの酵素ドリンク もお勧めです。

もちろん、甘酒ならではの良い所も良い所もいっぱいあるので、すべてが甘酒と同じではありませんが、甘酒の代用 としてほかの酵素ドリンクを飲むのもいいですね。

その際には酵素ドリンクも無添加 の物を選ぶようにしましょう。

どうでしたか?

甘酒の知られざるパワー を知ってすぐにでも始めたくなりませんか?

甘酒は美味しく健康 になれて、とってもヘルシーダイエット にぴったりの飲み物です。

皆さんも甘酒健康 にダイエットしましょう!


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。