目次

  1. 1 二児の母なんて嘘みたい!!土屋アンナのダイエット法が知りたい!
  2. 2 産後ダイエットならカリスマ・土屋アンナに聞け!
  3. 3 土屋アンナのダイエット法①補正下着
  4. 4 土屋アンナのダイエット法②運動
  5. 5 土屋アンナのダイエット法③食事制限
  6. 6 土屋アンナの妊娠中ダイエットのポイントは「妊娠鍋」!
  7. 7 土屋アンナのダイエット法④ダイエット記録
  8. 8 土屋アンナのダイエット法を動画でチェックしよう!
  9. 9 補正下着なら簡単!土屋アンナ流ダイエットで美しい女性を目指そう!

出産経験者の女性の多くが悩む「産後太り 」。

そんな中の女性が、産後ダイエット成功者 として憧れるのが、土屋アンナ さんです。

ネットやSNSでも彼女の産後の体型には絶賛の声が多く見受けられます。

そこで、産後太りに悩む女性のために、土屋アンナさんが実践した産後ダイエット方法 をご紹介したいと思います。

土屋アンナさん は、平成16年に長男、平成21年に次男を出産した二児の母 です。

しかし、もしこの事実を知らずに彼女のプロポーションを見た人は一様に「お子さんが二人もいるの!?」と驚かれることでしょう。

それもそのはずです。

彼女はあらゆるダイエット方法 を行い、わずか出産後2ヶ月妊娠前の体型に戻った というダイエットのカリスマ です。

産後太りで悩む女性が多い中で、彼女はなぜこんなにも早く 、そして以前と変わらない美しい体型をキープ し続けることができているのでしょうか。

土屋アンナさんの産後ダイエットは、なんと出産後30分からすでに始まっていました!

その驚きの方法をご紹介します。

ワコール ウエストニッパー

土屋アンナさんは、出産前にお姉さんから「出産後は早くおなかを締めたほうがいい 」と聞いていたそうです。

そのため、事前に少し小さめのサイズの「ワコール ウエストニッパー 」を用意し、出産 を終えてたったの30分後 には着用 したそうです。

出産は命がけともいわれるほど、体への負担も大きくお産後はゆっくりしたいところ。

しかし出産後の疲れ切った状態でも、すでにスタイルのことを考えている点など、さすがプロですね。

ガードル

上記のウエストニッパーを産後2週間着用した後は、胸の下からひざ上までの強力なガードルに変更 したそうです。

このガードルはワコールマタニティ が産後の女性のために開発した「シェイプマミーガードル(すっきりスムージングタイプ) 」というものです。

土屋アンナさんは着用時の感想として「痛いくらいキツイ 」「胃がおさえつけられているので、あまり食べられなかった 」と語っています。

このガードルを1ヶ月間着用 し、同時に母乳をあげていたので二か月 ほどで、出産前の体型に戻れた とも。

無理な締め付けは身体によくありませんが、ワコールがマタニティ専用に開発 したガードルなら安心 して使えますね。

もちろんダイエットには、運動も欠かせません。

ほどよい筋肉をつけることこそ美ボディを取り戻すための第一歩ですね。

ウォーキングやマラソン

土屋アンナさんは妊娠中から 常にスタイルのことを考え、お腹の体調と相談しながらウォーキング を続けていたそうです。

とにかくあることを意識し、最初は20分~30分のウォーキングを始めて、長い時は2駅分以上もの距離を歩く こともあったそうです。

妊婦さんは激しい運動は控えた方が良いですが、ウォーキングなどの軽い運動ストレス発散 などにもなり、ダイエット以外の健康面でもメリットは大きいです。

また、産後 には毎日5kmのマラソン をして、アクティブな土屋アンナさんらしい、少しハードな産後ダイエットですね。

腹筋

上記のマラソンと並行して筋力トレーニング も欠かさずに行っていると語る、土屋アンナさん。

腹筋は100回 も行うという、ダイエットというよりも本格的なトレーニングに近い回数です。

通常のダイエットでも腹筋100回は、かなりハードルが高いですが、それを産後の身体で行う土屋アンナさんはすごいですね。

しかし、そんな日々の積み重ね があのペタンコお腹へと導いてくれる のでしょう。

背筋

土屋アンナさんの筋力トレーニングは腹筋だけでは終わりません!

なんと背筋20回 も合わせて行っています。

ジョギングや腹筋同様に定番の運動ではありますが、「大事なのは続けること、努力の積み重ねである 」と土屋さんは考え、継続しているそうです。

背筋を鍛えることで姿勢が整い 、また背中 についた余計な脂肪も燃焼してくれる ので、スッキリとしたきれいな背中 が維持できるのでしょう。

床拭き

土屋アンナさんが妊娠後期 から、日常生活の中でよく行っていたのが「床拭き=雑巾がけ 」だそうです。

いっけん、雑巾がけの姿勢は妊婦さんには苦しそうに見えますが、土屋さん曰く「膝をついてお腹を下に向ける姿勢がラク 」だったそうです。

雑巾がけは全身運動 ですが、特に二の腕の引き締め に効果がありそうですね。

また、雑巾がけの動きは子宮の位置を戻す 効果もあり一石二鳥です。

バレエ

上記以外にも、2時間のクラシックバレエ のレッスンを週に3回行っていたそうです。

レッスンの内容なバーレッスンからジャンプまで。

クラシックバレエは、あの真っ直ぐな美しい姿勢を維持しよとするだけで、体幹が鍛えられる運動 です。

体幹が強くなれば、お腹が引っ込む 他にもキレイな姿勢 を維持することができ、スタイル維持 にはもってこいの運動ですね。

運動を頑張っている土屋アンナさん。

そんな彼女は、もちろんダイエットの基本でもある食事にも気を付けています。

フルーツ紅茶

朝ごはんはフルーツをいっぱい食べたい 」と語る土屋さん。

しかし、切ったりする準備に時間がかかるので、特製の「フルーツ紅茶 」を飲むそうです。

作り方は、紅茶に たっぷりのドライフルーツ を入れて、あとはハチミツを一杯 いれるだけ。

ドライフルーツで豊富なビタミンなどを摂取することができ、またハチミツを同時に摂ることで朝からエネルギーになる栄養素をしっかり摂ることができます。

この紅茶だったら、生のフルーツを食べるよりお手軽 で、忙しい朝でも続けられそうですね。

豆乳

土屋アンナさんは朝食のフルーツ紅茶と合わせて、昼食も豆乳のみ ととてもストイックな食事制限をされています。

しかし、豆乳栄養価がとても高い ため、多くの芸能人が愛飲している飲み物です。

特に前述したようなハードなトレーニングでダイエット を行っている土屋さんには、欠かすことができないタンパク質(プロテイン)が豊富 に含まれています。

しっかりと運動をして、その分の必要な栄養素はしっかりと補給 できているからこそ、素敵な美ボディが維持 できるのでしょう。

食前にキャベツ

土屋アンナさんは食前に必ず4分の1ほどの量のキャベツを食べる そうです。

理由は「キャベツはすごく胃腸によいから 」とのこと。

食べ方 に関しては「生のキャベツをざく切り にして、ウサギみたいにバリバリ食べる」と、少々ワイルドな食べ方ですね。

しかし、食物繊維の多い キャベツは食前に食べることで、満腹感を得る ことができ、また便秘の解消 にも繋がります。

4分の1もの生キャベツを「ウサギのようにバリバリ」食べることは、強い精神力を持った土屋さんならではの食べ方といえるでしょう。

妊娠鍋 」とは、土屋アンナさんが妊娠8ヶ月目ころから始めたダイエット用の鍋料理 です。

妊婦さんの身体にはカルシウムやたんぱく質などが必要です。

それらを摂取するために、白滝きのこ類豆腐 などを中心に鍋料理を作り、たくさん食べていたそうです。

ポイント は、味などに飽きないよう にするため、具材をたくさん入れたり鍋の味変えたりする工夫 をして、ストレスを溜めない ように行うこと。

また、鍋料理は手間がかからない ので、身重な妊婦さんにぴったりの料理 でしょう。

みなさんは、少し前に流行した「レコーディングダイエット」というのをご存知でしょうか?

これは、毎日の食事をノートなどに記録するだけで痩せるというダイエット方法です。

土屋アンナさんはこのレコーディングダイエットを活用し、「ダイエット記録 」と毎日つけているそうです。

土屋さんの場合は、食事の内容だけでなく 、その日に行った運動も一緒に記録 しています。

毎日、何を食べたかどんな運動をしたか 、これらを把握し管理する だけでもダイエットには十分効果的 です。

毎日をなんとなく過ごすのではなく、自分の行動を意識して過ごす ということがとても大切です。

上記の動画では、土屋アンナさんが実際に使用された「ワコール シェイプマミーガードル 」を詳しくご紹介しています。

実際にモニターといて着用され女性 の、付け心地などの使用した時の感想が聞ける ので、ぜひ参考になさってください。

土屋アンナさんの産後ダイエット方法は、とてもハードでストイック なものが多いと思われます。

もともとスポーツや体を動かすことが好きで、なおかつ強いプロ意識がなせるダイエット方法ですね。

このダイエット方法を、全て同じように実行 するのは、なかなか難しい と思います。

しかし、補正下着 などの「着るだけで引き締め効果が得られる 」というダイエット方法なら、すぐにでも実践 できそうですね。

産後太りのダイエット方法にお悩みの皆さん、補正下着で 土屋アンナさんのような美ボディへの一歩を踏み出しましょう


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。